田舎猫 いなかねこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝山のお雛まつり

<<   作成日時 : 2017/03/06 00:59   >>

ナイス ブログ気持玉 79 / トラックバック 0 / コメント 7

朝、まだ霜が白い時間に、お迎えに来ていただいて、おひな様を見に参ります。
行き先は、初めての場所。
岡山県真庭市勝山、わが家から車で、1時間40分北上します。

「文豪谷崎潤一郎がこよなく愛した城下町」、行ってみたい、歩いてみたい、日本の百か所「遊歩百選の町」であります。平成21年度には、「美しいまちなみ大賞」を受賞しています。
木の町勝山」でもあり、「木の駅」がありました。

地元TVでは、「のれんの町」として、たびたび取り上げられています。
画像

のれんは、店舗だけでなく、家々にかけられ、おひな様が飾られます。
これは、郵便局ののれん。
画像

御前酒蔵元に展示されているおひな様をご紹介します。
京都の人形店で作られたもの。 大正4年、蔵元4代目の長女、寿美子さんの初雛です。
画像

おひな様のお嫁入り道具。お布団は、ちょうど葉書サイズの愛らしさ。
画像

とりどりのひな菓子の色も、優しげ。
画像

こちらは、押し絵雛
布の掛け軸に、押し絵のおひな様を差し込んで飾ります。
押し絵は、元禄年間に宮中で広まり、明治以降の女学校の科目には、「押し絵細工」があったそうですよ。
画像

一番好きなのが、「稚児雛(ちごびな)」。
おひな様が子どもの姿をしています。京都の丸平大木人形店で、昭和23年につくられたものです。
画像

人形の髪は、江戸時代の子どもの髪型です。
画像

表情も子どもらしく、屈託なく、はつらつとしています。
画像

美味しそうなお鍋が火にかけられていますよ。
画像

わが身へのおみやげは、高田硯(たかたすずり)
このあたりは、かって高田の庄と呼ばれてました。室町時代に高田の庄で発見された黒色粘板岩でつくられた硯です。江戸時代には、宮本武蔵も愛用したと伝えられていますよ。
これがあれば、絵の腕も磨かれることが、相当、期待できるでしょう。
画像

帰路、何ヶ所か点在する温泉に立ち寄りました。
ペットの湯」も完備する露天風呂です。

幸 「ママったら、80才の女性に運転してもらってお出かけだよ。
   ちょっと、どうか、と思うね。」
福 「へ〜、そうなんだ〜。
   ママもペーパーとはいえ、免許持ってるんだから
   練習すればいいのにね〜。」
画像


いつも応援、気持ち玉ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック!!お願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

2017年3月5日 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 79
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おひな様可愛すぎます。その硯とても素敵
momochibimaron
2017/03/06 02:07
うーん、80歳もペーパーもどっちもちょっとなあ(;^ω^)
お雛様の装備品(?)はドールハウスみたいですね
自分としては今風の顔よりちょい昔風の顔のお雛様の方が好みです
つるし雛ってすごく可愛いなと思うんですが、猫が居たら…(;゚Д゚)!
雛菓子は和三盆でしょうか
大好物なんでよね〜(*^ω^*)
摩利紫天@analog-ya
2017/03/06 07:46
昔の80歳と違って、今の80歳は元気なお方が多いです。
確か≪双子姉妹のきんさんぎんさん≫のぎんさんの5女が運転をしてお姉さん方を連れ出しているのをテレビで見ました。
5女の娘さんだってすでに90歳越えです。
ただ、高齢者の事故が多いのは事実。
ペーパーを脱出してみます?
猫ねこネコ
2017/03/06 12:20
稚児雛、かわいいですね。
見ていて思わず顔がほころびます。おすましをしたお雛様もいいですが、ふっくら笑顔も素敵です。
ペーパーでもいいじゃないですか。
私は免許持ってないですから〜。(自慢できるか!)
草凪みかん
2017/03/06 21:21
勝山は行ったことが無かったんですが、暖簾のまちだったんですね。
温泉は湯原でしょうか?
地方はバス便、鉄道便が不便ですからね。
コマダム
2017/03/06 21:30
momotibimaronさん、コメントありがとうございます。
おひな様の愛らしい世界には、うっとりしますね。硯はしっかりと使い込みたいです。

摩利紫天@さん、コメントありがとうございます。
いわれてみれば、おひな様はドールハウスの世界ですね。御殿に飾られているおひな様もいらっしゃいましたよ。おひな様のお顔も、時代の好みで変化していますね。つるし雛は、猫じゃらしになりかねません。
東京では車通勤が禁止になってしまって、長〜いペーパーになってしまいましたよ。
毎日ばらいろ
2017/03/06 22:10
猫ねこネコさん、コメントありがとうございます。
ご高齢の方、確かにお元気です。集落は、高齢の方々のおかげで保っていますよ。
交通の便がなくて、先々のことを考えると、ペーパーを脱出したい気持ちはあるんですが、自動運転車の走行環境の整備待ち?

草凪みかんさん、コメントありがとうございます。
麗しいおひな様は数々いらっしゃいますが、稚児雛の愛らしさは、格別ですね。
ペーパーでもいいと思っていたんですが、どこへも行けないんですよ。交通の便がないのが、田舎暮らしの難点です。

コマダムさん、コメントありがとうございます。
お察しの通り、湯原温泉ですよ。
下湯原温泉、ひまわり館の露天風呂です。大人の入湯料¥500,ペットの入湯料¥1570です。
すべすべして気持ちのいいお湯でしたよ。


毎日ばらいろ
2017/03/06 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝山のお雛まつり 田舎猫 いなかねこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる