田舎猫 いなかねこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 再挑戦、ヨウシュヤマゴボウ染め(水出し)

<<   作成日時 : 2017/10/04 00:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 5

雨上がりに、バケツが二つ。
どちらの水を飲むべきか、幸ちゃん、一瞬の逡巡。
やはり、さびたバケツはいやでしょうね。片付けますよ。
画像

一雨ごとに秋は深まり、コスモスは、さらに倒れ伏しています。コスモス・ジャングルには、もはや通り道がありません。
画像

空を見上げれば、青空に顔を洗われたように、さわやか。
画像

キアゲハも来ていますよ。
画像

ムム、怪しい気配、後を付けられている!

君たち、なんで、室外機の後ろに隠れているんだね?
いっしょに、ジャングルのパトロールをしようよ。
道なき道は、昨日の雨で濡れそぼっているが、案外、気持ちいいよ。
画像

ヨウシュヤマゴボウです。
前回、実と軸を煮出して、染液を取り、草木染めをしました。
それが、まったく、ヨウシュヤマゴボウとは思えぬ薄茶色に染まりました。
画像

そこで、今回は、実と軸を煮ずに、水出しで染液を取りました。
アイと同じように、ミキサーに入れ、水と共にクラッシュ。
画像

あっという間に、紅色の染液ができました。
画像

みょうばんで、先媒染した布を浸すこと、丸一日。
染液が出なくなるまで水洗いして、まだ濡れた状態の布です。
色の濃い方から、絹、麻、木綿です。
画像

更につけ込んで、約50時間。
水洗いしても、しても、いつまでも色が出るんですね。つまり、色が定着していないんです。
ようやく、色落ちしなくなり、乾かした状態の布です。
左から、1日浸した絹、50時間浸した絹、麻、木綿です。

絹は、ヨウシュヤマゴボウの軸と茎の色ですね。実だけを取り出せば、また、違った色になるかしら。
この色が、いつまで退色せずに保つか、要経過観察。
画像

ウォーキング。
ウォ〜〜〜、や、山が削られている〜!

この小山は、ウォーキング範囲で、最も美しい山です。
自然の広葉樹におおわれて、新緑の頃は、ヤマザクラの赤みがかった葉に白っぽい葉、黄緑、緑、青みがかった葉と、えもいわれぬ色合いを見せていました。秋には、秋の彩り。葉を落とした冬木立の、繊細な美しさ。

わ〜〜ん。
画像

悲しいウォーキングの手みやげ。
葉っぱって、きれいでしょ。
画像

わ〜〜ん
画像
2017年10月3日 

いつも応援、気持ち玉ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック!!お願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、やっぱりあの赤紫色は中々定着しないものなんですね
一番よく染まっていたのが確かウールでしたよね
アイも蒅以外は木綿が染まりにくいとかでしたっけ?
木綿が中々の難敵だというのがわかりました
この山は、うーむ、木が倒されているんじゃなくて、土ごと削られてしまったんでしょうか
自然の山ならそれだけで価値があるように思えますが…山を持ってる人の胸のうちは知る由もなくですね(´・_・`)
摩利紫天@analog-ya
2017/10/04 08:33
かなり上の方まで削られていますね。
何か施設でも作るんですかね…?
かなり人の手(というか機械)が入った形跡が見てとれます。こうなる前は柔らかい表情の山だったんでしょうが…。
草凪みかん
2017/10/04 21:07
摩利紫天@さん、コメントありがとうございます。
ヨウシュヤマゴボウ染めについては、アドバイスをいただいたので、再挑戦ができましたよ。感謝!
また、実でもやってみたいと思います。ウールはよく染まるそうですね。木綿は、難しいです。
今日もTVで、自然こそが観光資源といっていました。なのに、県道沿いの山が、この有様です。
山を持っている人は、土建屋さんに売ってしまうんですね。高齢で手入れもできなくなるから。
あ〜ん、やっぱり、泣けてしまいます。
毎日ばらいろ
2017/10/04 23:27
草凪みかんさん、コメントありがとうございます。
何か施設、というので考えられるのは、ソーラーパネルです。このあたり、山や休耕田のあちこちに設置されています。
施設でなければ、ひたすら削って、まさ土を採るんでしょう。悲しい
毎日ばらいろ
2017/10/04 23:55
こんばんは〜
紅色がとっても綺麗
ヨウシュヤマゴボウって昔学校の帰り道
見かけた植物でしょうかねぇ
色がきれいでした
デナーダ
2017/10/10 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
再挑戦、ヨウシュヤマゴボウ染め(水出し) 田舎猫 いなかねこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる