テーマ:季語

秋風と二番穂

いい風が、カーテンを開いて、軒下にいる福ちゃんの後ろ姿が、見えますよ。ようやく、酷暑から解放されて、オキザリスが、再び、花をつけ始めています。ローズピンクのリコリス。バラは、「ピーチドリフト」。バラの剪定を進めているところですが、さすがに、つぼみを付けている枝は切れない。バラ「ブライダル・ピンク」。ベンケイソウも咲きそうね。ピンク色が見…

続きを読むread more

菜種梅雨

ママ~、今度はいったい、何をはじめたの~? 福ちゃん、ニャンコの別荘の一角をママに貸してくださいな。 ここを、草木染めコーナーにしたいのよ。 注文していた組み立て式収納庫が届きました。ちなみに、このあたりでは、宅配便の再配達はしてもらいません。留守中の置き場所を決めておいて、そこに置いてもらうことになっていますよ。 さて、荷…

続きを読むread more

、春の陽気な高笑い

朝のパトロール。 幸ちゃん、福ちゃん、そろって外回りに出かけるようです。 昨夜、カシの木エリアで、鹿の動き回る気配がしました。しっかり、状況確認してきてください。 畑の、ヒヨドリ&霜よけの寒冷紗の中では、ソラマメが花をつけています。 お庭では、シャクヤクの赤い芽が出ています。 ママは、フェンスのないカシの木エリア南…

続きを読むread more

松の木とスミレ

オッ、ママ、だれか来てますよ。 福ちゃん、車の音に警戒。 棚田の入り口に、軽トラが止まっています。そして、おじさん一名、松の木を見上げて、腕組みです。 「松の木の剪定に来られたのね。」 先日、サンシュユの会の方から、剪定させてほしいというお話がありました。棚田に、サンシュユの木を植えても、この松のおかげで、ほぼ隠れてしまいま…

続きを読むread more

野焼き

春分の日です。 昼夜の長さが同じになって、これからは昼の方が長くなっていきます。 福ちゃんは、スイセンが花開くのを待っていますよ。 咲かぬなら、猫草にしようか?! ヤブツバキは、そろそろ満開です。 ご近所さん、田んぼの畦を焼いています。今日は風がなく、明日は雨の予報だから、野焼きにはいい日です。 「ママさ~ん、そ…

続きを読むread more

田んぼにヨモギ

ママは、天気予報を信じておせんたく。 ニャンコ坊やは、朝のパトロール。 赤いヤブツバキに続いて、白ツバキも開き始めます。 予報通りの青空に、カマキリの卵鞘(らんしょう)。この中にカマキリの卵が数百個、産み付けられています。 枝の高さは2m以上あり、ここで生れる幼虫は、無事に食べるものを得られるのだろうか。 オリーブ…

続きを読むread more

春の雪

ママは、朝早くからスクーターに乗って、お出かけです。 最後のおつとめだぁ~って、言ってましたよ。 栄養委員会主催の「男性料理教室」です。 都会でこの種の会があれば、スタッフ栄養委員が4人なら、男性は20~30人は集めるでしょう。今回は、特に少なくて、6人です。手取り足取りの和やかな教室です。男性のお一人は、ご自分で漬けられた沢…

続きを読むread more

哲学は遠くに

朝のパトロール。 ニャンコ坊やたちは、さっそくフェンスくぐりです。 フェンスの向こう側、ママの背丈より高い笹原を幅1mほど草刈りしたので、「抜けられます」」状態になっていますよ。 ママ、出てもいいかな? 安全確認中の幸ちゃん。 お庭では、この春最初の、草花が咲きました。 黄色い「クロッカス」。お日様のように光っていま…

続きを読むread more

猫の恋

晴れたり、曇ったり。日差しがあると暖かい。 福ちゃん、注目。 今日もあの子が鳴いています。遠くからこちらを見てる。福ちゃんも、ただ見てるだけ。 「猫の恋」は、春の季語。 猫の交尾期は、年に数回ありますが、特に早春の発情期を迎えた猫の行動を指します。 恋猫の 皿舐めてすぐ 鳴きにゆく (加藤 楸邨) 己が傷を 舐め…

続きを読むread more

まだ寒いけど、春のあれやこれや

朝のパトロール完了。 猫草を、いただきま~す。 飲み水も、あちこちに用意してありますよ。 庭のピンク・ネコヤナギの花穂に、夕べの雨が残っています。 マンサクの花は、満開。 早春の花に、黄色が多いのは、まだ数少ない虫たちに見つけてもらうためですって。 花園予定地の排水路では、オタマジャクシがかえりました。何百匹…

続きを読むread more

警備主任、身体をはる

寒波はゆっくり移動し、朝のパトロールです。 池の中で、きらりと光るのは、あれはヒレナガニシキゴイの背びれではないでしょうか。 排水路から池に引き込んでいたホースの氷も溶け、水も潤沢です。 ママは庭のバラに寒肥を施します。冬眠中のカエルを、2匹も起こしてしまいましたよ。土に埋め戻しておきました。 寒肥(かんごえ)は、冬…

続きを読むread more

居心地のいい場所は ゆずれない

朝のパトロールは、早めに切り上げて、 ニャンコの別荘で、雨宿り。 未明の雪は、雨がシャーベットにしています。 花を増やし始めたシバザクラも、冷たそう。 花壇の土をつついているのは、シロハラ。何か、お腹の足しになる物があるのかしら。 幸ちゃんは、ストーブに近づきすぎではありませんか? 「竈猫(かまどねこ…

続きを読むread more

マンサクの花が咲いたよ

曇り空だけど、風がないので、暖かく感じます。 明日から、また雨か雪の予報です。 庭仕事は、今日のうちに進めておきたいわね。 福ちゃん、まず、パトロールですよ。 庭のマンサクの花がほどけてきましたよ。 紐状の花びらは、咲く、というより、ほどけてくるって感じです。 この花弁の形から、「ひらめき」「霊感」という花言葉があります…

続きを読むread more

雨の日は 部屋の模様替え

ママ、あんよがぬれちゃったよ~。 パトロールから帰ってきた福ちゃん、あんよをプルプルふっていますよ。 朝の雨は上がったけれど、集落は霧の中にいるみたい。 雨粒より、小さな小さな水滴が顔にふれています。 「寒明(かんあけ)」は、春の季語。 寒明や 雨が濡らせる 小松原 (安住 敦) 寒明くる 身の関節の ゆるや…

続きを読むread more

葉っぱのロゼット

お日様、あったかいニャ~。 福ちゃんはまぶしそうです。 今日は立春、春の第一日目ですよ。 最高気温は14℃まで上昇し、水ぬるみ、幸ちゃんは池のお魚を守っていますよ。 「立春」は、春の季語。 立春の雪 白無垢の 藁屋かな (川端 茅舎) 立春や 月の兎は 耳立てて (星野 椿) ママは、フェンスの手直しに…

続きを読むread more

犬の散歩事情

幸ちゃん、朝の猫草をいただいています。 夕べ見た黒雲は、雪になったみたい。地面が少し白くなっていますよ。 花数を増したビオラに、日差しが降り注ぎます。 福ちゃんは、じっと見つめています。 クロガネモチの実を食べ尽くして、ヒヨドリたちの喧噪は去りました。いつものジョウビタキが注目を浴びていますよ。 ママの庭仕事は…

続きを読むread more

鈴なりのキンカン

福ちゃんは、パトロールに出かける前に、爪とぎ。 それは、わが家で最も格調高い松の木なんですけど、 爪とぎに最適のカーブではありますね。 今にも冷たいものが落ちてきそうな空です。ペンキ塗りはパスして、フェンスの張り直しをします。 福 「ママ、フェンスがサビサビだね。もって、後2~3年かなぁ。」 ママ「ペンキを塗れば、もう少し…

続きを読むread more

青い山と冬木

幸ちゃんの寝顔 福ちゃんは、トットと元気よくパトロールに出発します。 ママは、フェンスのペンキ塗りの続きをします。 乾いたら、小動物除けのネットを張ります。ついでに、テグス張りもします。動物の耳は敏感。風でテグスが振動する、かすかな音を聞き取って、警戒し、近づかない、という話を聞きましたよ。 効果があると、いいね。 …

続きを読むread more

カエルが鳴いてるよ、自由の女神が泣いてるよ

昼過ぎのパトロール。 幸「あの子が鳴いてるね。」 福「あの子が来ているね。」 福「どうする?いっしょに遊ぶの?」 幸「いや、それは、ちょっと・・・。ぼく、人見知りなんだよ。」 福「じゃあ、やっぱり、福大統領令を出して、入国停止だね。」 幸「頼むよ。ぼくは、むこうのパトロールをしてるから。」 不安定なお天気で、時…

続きを読むread more

ヒヨドリとエナガ

夕べの雪は止み、青空が広がりました。 幸「福ちゃん、パトロールだよ。のんびりしてないで!」 福「ニャンだって! ぼく、みづくろいして、きれいにしてから行こうと思ってたんだよ。 少しくらい、待ってくれてもいいだろ!」 幸「福ちゃん、ぼく、まだ待ってるよ。」 お庭の彩りは、ビオラ。 おとなりのクワの枝では、鳥た…

続きを読むread more

霜柱と霜

朝のパトロールです。 バケツの水が凍っています。幸ちゃんの水飲み場が減りましたね。 福ちゃんも、がんばって外回りのパトロール。 強い風が、枯れススキを倒して、福ちゃんの視界をさえぎります。 歩くと、霜柱がザリザリと音を立てます。 地上の気温が0℃以下になると、地表の水分が凍ります。すると、地中の水分が毛細管現象で引き上…

続きを読むread more