テーマ:

真田丸 三谷幸喜のありふれた生活

雨どい取り付け業者さん、今日も来訪。朝8時から10時までの作業で、すべて完了。約束通り、取り外した雨どいは、門扉横に残し、さっそうと去って行かれました。 職人さんが去ると、ニャンコ坊やたち、元気いっぱいの登場。庭の異変にクンクン。 壁面とラティスの間のといを取り換える際、代表取締役からは 「できるだけ切らないようにしたいが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

穂ジソの収穫、白菜苗の植え付け

朝から、雨雲が空をおおって暗いけれど、とにかく、雨は降っていない。少しは、畑仕事ができそう。 門扉や玄関まわりで、目につく以上に伸びた雑草を抜いていきます。雨続きで、気持ちいいくらい、どんどん抜けますよ。 次いで、畑に行って、いただいた白菜とワケギの苗の植え付け。場所を開けるためにトマトとアオジソを抜いてしまいます。その前に、穂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨の日は、スカーレットを追って

昼前から雨の予報です。雨が来る前に草刈りを済ませなければ、ね、福ちゃん。 福ちゃんの後ろに咲いているのは、とげのないつるバラ「群舞」です。つぼみのピンクが花開くと淡くなり、一房で優しい色の変化を見せてくれますよ。 アーチの上には、つるバラ「羽衣」。1970年、鈴木省三さんの作出。 花園予定地の「ケアフリーワンダー」。花…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雨の日は、猫とかくれんぼ

雨ですね。きれいな雨が緑を洗いながら、降っています。サマースノーが小さなつぼみを開きかけていますよ。傘をさしても、お庭のパトロールは欠かせません。 ママ、サクランボの葉っぱが変ですよ。 サクランボ「暖地桜桃」の葉っぱの一部が盛り上がり、変形し、 さらに丸く盛り上がり、色も淡くなって、まるで太った芋虫のようになっています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クロアゲハと黒いモンシロチョウ

 ツツジの咲く頃になると、ヒラヒラとアゲハがやってきます。アゲハチョウ科のチョウには、蝶道があり、通る道が決まっているそうですよ。光と温度の条件で、飛ぶ道が決まるそうですが、けっこう高いところを飛びます。ママのカメラの腕では、なかなか飛んでいるところはとらえられない。ニャンコ坊やにも無理でしょう? 幸ちゃん、!ちがう、ちがう。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

猫ヴァンパイア!?

幸ちゃん、あそぼ。 福ちゃん、何してあそぶ? 油断させておいて首筋にガブリ! ニャニャ~~。 もう、だめだ~。意識が遠のいていく~。 かくして、幸ちゃんはヴァンパイアとしてよみがえった、かな? ポーの一族 全巻セット楽天ブックス 小学館 ⇒ 「コミックセットがポイント最大10倍!』エントリーはこちら発行年月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のあくびもうつるよ

蚊帳の外の幸ちゃん、大あくび 蚊帳の中の福ちゃんにあくびがうつりましたよ 僕たちの気持ちを知りたくて、ママが調べたところ、 猫のあくびは「気合を入れたぞ!というサイン」なんだって。 「遊びの途中にするあくびも酸素を脳に送り込み、気合を入れるための動作と考えられています。」なるほどね。 マンガで納得!猫の気持ちがわか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more